認知症予防で消えない記憶力保持|らしさ維持生活

薬

他人事ではない病気

高齢化率が上昇している近年、より一層認知症への関心や理解が必要になっていくと思います。また、核家族可が進み、一昔前とは家族形態が変化している今、より充実し進化している社会資源を活用することが大切です。

Read More

認知症予防について

高齢化が進んでいる今、認知症予防は大変大きな注目を集めています。そのため認知症に効果のある健康食品も、様々な種類が販売されています。その効能は含まれる成分によって違い、症状に合わせて選ぶことができるようになっています。

Read More

日常の生活で認知症を予防

歳を取ると発症する確率が高いとされている認知症は予防が可能ですよ。生活を見直すことによりいつまでも健康で入れますよ。

今日から実践できます

認知症を予防するには、日常生活を送りながらできるものがあります。毎日欠かせないのが食事ですが、食事も野菜やお魚、果物を中心とした食事ですと予防につながります。昔ながらの和食の方がとても体にはいいものです。また、食事をしましたら、少し体を動かす方が良いと言われています。毎日30分以上の運動をすることで、認知症を防ぐことができるのです。毎日の生活の中でも、やはりタバコやお酒は控えた方がいいようです。特に、タバコについては、吸わない人に比べ約2倍認知症になりやすいというデータがあるので、禁煙をされると体に大変いいでしょう。また、頭のトレーニングも効果があるようで、ゲームや絵画、園芸などを行う事で認知症の予防にもなります。

認知症の種類とは

認知症には、大きく分けまして3つのタイプに分かれます。一番多いとされているのが、アルツハイマー型で、認知症の約50%を占めると言われております。予防法としては、野菜やお魚を中心とした食事をするといいようです。次に多いのが脳血管性で、高血圧により、血管が切れて脳内出血をして障害を起こします。こちらの予防法は、やはり食事に気を付けることです。認知症の約10%から20%を占めると言われているのが、ルビー小体型ですが、今も原因が分かっていないのが現状です。認知症を予防するには、様々な方法がありますが、一番気を付けなければならないには、日常生活の流れで、食事に気を付けまして、毎日適度な運動を心掛ける事で認知症を防ぐことができます。

認知症の予防について

認知症を予防するためには、定期的に体を動かし新たなことを学習したり他の人々と会話して精神活動を高めて良い睡眠を取ることが大切です。食事では糖質を摂りすぎず脂質は魚や植物性の脂質を中心にします。

Read More